生活育児

【豆知識/レビュー】コスパ良く土汚れをキレイにする洗剤はコレ?

wash-03

うなぎこ

アラフォー食品表示診断士。外資系企業勤務
中級食品表示診断士、衛生検査技師取得
10年程食品分析会社→ 食品表示規格業務に3年以上従事
実家は建築関係の会社を経営
プライベートにて注文住宅3棟の実績
これまでに海外はアメリカ、ヨーロッパ、アジア、オセアニアなど夫婦合計約15ヶ国は経験しています。
時々夫のてんそば(15年以上開発職 PCや家電好き)も記事を書きます。
小学生と幼稚園の娘2人。

Contents

子供の洗濯物と汚れ

うなぎこです。今日は洗濯洗剤を紹介します。あなたも週末に子供が洗濯物をまとめて持って帰ってきますよね。体操着など、洗濯機へ直接入れていませんか?

我が家は、子供が持ち帰ってきた洗濯物を予洗いして洗濯しています。運動会前など、練習を校庭で行っているせいか、洗濯物からは泥水が出てきます。あと、防災頭巾カバーなど学期毎しか持ち帰らない為、泥水が出ます。洗濯機に入れる前に、一度だまされたと思って予洗いしてみて下さい。驚くほど洗濯後にキレイに汚れが取れます。

うなぎこも色々、予洗いに効果的な洗剤や泥汚れ洗剤を買ってみましたが、中でも良かった洗剤を紹介します。

wash-00

泥汚れに効果的な洗剤の種類

今までに購入してなかなか効果的だったのは下記の3つです。

ブルースティック

泥スッキリ

ミヨシ そよ風

それぞれ、紹介しますね。

wash-01

ブルースティック

まずはこのブルースティック、部分洗い専用の固形石鹸です。キャッチフレーズも「汚れおとしのスーパースター」とのこと。特徴は下記の通りです。

スティック状にて、使う部分だけパッケージの皮をむいて使用します。

手に石鹼も付かず、使いやすいです。

除菌剤も入っています。

ニオイはほとんどありません。

最近では液体版も販売されています。この液体版、特許も取得しています。すごいですね。

パッケージにもこう書かれています。

・靴下、運動靴等の除菌に最適。

・カラリヤン包装のためどこでも自在にカットできる。

・手が石けんでベトつかない。楕円形で使いやすい。

また、実はこのブルースティック、刑務所作業製品と言われるもので横須賀の刑務所の受刑者達により製造されています。洗剤メーカーの商品ではないんですね。そう言うと「えっ?」って思ってしまう人もいるかもしれませんけど、その石鹸としての素晴らしい実力により、最近ではテレビ等のメディアに取り上げられることもしばしば、製品のイメージは今ではとてもいいものだと思います。

元々は主婦の口コミにて広まっていました。通常店舗では販売しておらず、スーパーやデパートのイベントにて販売されていました。現在ではネットを中心に、簡単に買えます。よくウタマロ石鹸と比較されていますけど、こっちの方が安いのでおススメという評判をよく聞きます。

その評判のブルースティック、使ってみた感想は下記の通りです。

メリット

スティックタイプなのでとにかく手軽に使える。

手軽に使えるから汚れが付いたら付着させず、すぐに洗える。

安い。

メリット

広い範囲の汚れには向いていない。

固形なので、繊維の奥まで入りにくい。

時間がたったりしてこびりついた汚れはそこまでは落ちない。

このブルースティック、まとめると「ピンポイントの汚れをすぐに洗う」という使い方に最適だと思います。

泥スッキリ本舗303

お次は粉末泥汚れ専用洗剤の泥スッキリ本舗303です。こちらも泥汚れ専用洗剤として、口コミを中心に人気の商品です。

土汚れの種類により

303(黒土用、売れ筋No1)

305(赤土用)

と分けられています。

うなぎこは303を購入しました。特に、野球やサッカーなどのユニフォームの泥汚れに強いことを売りにしています。うなぎこは靴下の汚れを中心に試してみました。

使い方はメーカーHPによると、下記の3ステップです。

1.バケツに湯(約42℃・10リットル)を入れ、洗剤を20g溶かします。

  ※汚れがひどい場合は、少し多めにご使用ください。

2.30分から60分浸け置きをします。

  汚れによっては一晩浸けると楽にスッキリします。

  さらに汚れがひどい場合は、軽くモミ洗いするとグングン落ちます。

3.浸け置き後、洗濯機でいつもどおり洗濯をするだけなのでカンタンです。

  ※ここがポイント!浸け置き前に砂や泥を払い落すと効果バツグン。

使ってみた感想は下記の通りです。

メリット

広範囲の汚れにはブルースティックより効果的。

洗濯する数が多い場合も漬け置きだからまとめて洗える。

汚れにもよるが、ブルースティックとほぼ同じ効果。

デメリット

漬け置きを必要とするため、少々面倒。

洗剤としては1箱約2,500円と少々高い。

この泥スッキリ本舗303、特に野球やサッカーのユニフォームなんかの洗濯にはとっても向いていると思います。

ミヨシそよ風

今回紹介する中でも、最もコスパの良いのはこのミヨシのそよ風です。これは上の2つと比べてそんなにメディアでは取り上げられていません。ママ友情報から試してみて、かなり良かったことから今回紹介します。ハウスクリーニングのプロも結構使っているようでした。

安くて沢山入っています。カップ1杯お湯に混ぜ、汚れた洗剤を入れます。そうすると汚れが酷い場合、泥水が・・・靴下も綺麗になります。日常的な泥汚れなら、予洗い後、洗濯機にかけるとこれだけで真っ白に。今回イチ押しです。

メリット

とにかく安い。

それなのに他の2つと比べて効果は日常的な泥汚れなら遜色なし。

デメリット

少し香り付き。完全な無香料を好む人は注意。

あまり知られていない(?)

このミヨシそよ風、コストパフォーマンスは最もよいことから日常使いにおススメです。

価格の比較

日常的に使うことから、コストパフォーマンスも比較してみます。(価格はアマゾン価格、送料も考えるとアマゾンが安いと思います。)

wash-02

ブルースティック
内容量150g×3本
価格 800円(2021/6現在)

泥スッキリ303
内容量1.5kg
価格 2,750円(2021/6現在)

ミヨシそよ風
内容量2.16kg
価格712円(2021/6現在)

日常使いならミヨシそよ風のコストパフォーマンスは抜群ですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?上履きや靴は一晩漬け置きし、次の日洗うと泥汚れがスッキリします。一手間かけるだけで、洗濯物が綺麗になります。是非お試しください。

他の子育てやママ友情報の記事はコチラ

(うなぎこ)

  • この記事を書いた人

うなぎこ

アラフォー食品表示診断士。外資系企業勤務
中級食品表示診断士、衛生検査技師取得
10年程食品分析会社→ 食品表示規格業務に3年以上従事
実家は建築関係の会社を経営
プライベートにて注文住宅3棟の実績
これまでに海外はアメリカ、ヨーロッパ、アジア、オセアニアなど夫婦合計約15ヶ国は経験しています。
時々夫のてんそば(15年以上開発職 PCや家電好き)も記事を書きます。
小学生と幼稚園の娘2人。

-生活育児