食品

【豆知識】食洗に台所用中性洗剤を入れると?

dish washer

うなぎこ

アラフォー食品表示診断士。外資系企業勤務
中級食品表示診断士、衛生検査技師取得
10年程食品分析会社→ 食品表示規格業務に3年以上従事
実家は建築関係の会社を経営
プライベートにて注文住宅3棟の実績
これまでに海外はアメリカ、ヨーロッパ、アジア、オセアニアなど夫婦合計約15ヶ国は経験しています。
時々夫のてんそば(15年以上開発職 PCや家電好き)も記事を書きます。
小学生と幼稚園の娘2人。

【豆知識】食洗に台所用中性洗剤を入れると?

食洗に台所用中性洗剤を入れると?

子育てに忙しいママさんパパさん(ジジ様ババ様も?)達の強い味方の全自動食器洗浄機。とっても助かりますよね?でも、食洗だけではなかなか落ちない汚れってありませんか?

そんな時、私はいつも使っている台所用中性洗剤をスポンジに付けてゴシゴシこすってから入れています。特にプラスチック製のタッパーなどは食洗だけではなかなか綺麗になりません。軽く洗ってから食洗にかけると、かなり汚れが落ちるって知っていましたか?なので、私はだいたいタッパーを洗うときは少しでも汚れが落ちるように、洗剤の泡の付いたまま食洗に入れていました。

でも実は、これってNGだったんです。知っていましたか?お友達のママ友から、そんな使い方をしていたら、食洗が故障したとの話を聞きました。

そこで、本当なのかを調べてみました。

結論から言うと、

本当です。食洗には専用洗剤を使いましょう。

スポンジで洗うのと食洗で洗うのは方式が違う

そもそも、スポンジで洗うのと食洗で洗うのは方式が違うそうです。

dish

①スポンジ

洗い方→泡立ててこすって洗う。

②食洗

洗い方→漂白成分や酵素など、薬剤の力で汚れを溶かしたりして洗う。

という風にそもそも考え方が違いました。

なのでもちろん食洗機自体も、「洗剤をお湯で溶かして、効率的に噴射して食器の表面にかけて洗う。」ということを目的として作られています。そこに泡の多い洗剤を入れてしまうと泡が食器についてしまってよく洗えなかったり、洗浄ノズルが泡を吸い込んで故障の原因に繋がるそうです。

食洗機メーカーのHP

詳しくは食洗機メーカーのHPにも書いてありました。

https://jpn.faq.panasonic.com/app/answers/detail/a_id/84383/~/%E3%81%AA%E3%81%9C%E3%80%81%E4%B8%80%E8%88%AC%E5%8F%B0%E6%89%80%E7%94%A8%E6%B4%97%E5%89%A4%E3%82%92%E4%BD%BF%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%91%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%A7%E3%81%99%E3%81%8B%E3%80%82%EF%BC%88%E3%83%93%E3%83%AB%E3%83%88%E3%82%A4%E3%83%B3%E9%A3%9F%E5%99%A8%E6%B4%97%E3%81%84%E4%B9%BE%E7%87%A5%E6%A9%9F%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%97%E3%81%A6%EF%BC%89

もし、間違えて台所用洗剤を入れてしまったときは、基本的には食器を入れずに水でカラ運転を行って洗浄する方法がよいそうです。詳しくは各メーカーそれぞれ違うと思うので、説明書を確認してくださいね。

また、前の記事に食中毒菌について書きましたけど、食洗はこの観点からもとても優れています。

①食器全体に酵素入りの洗剤をかけられる。
②高温で洗われる。
③高温で乾燥される。

と細菌の苦手な環境のオンパレードです。特に問題なければ積極的に食洗機を使いましょう。その方が衛生的です。

まとめ

アメリカでは日本より食洗機を使っているとよく言われています。向こうのは鍋とかまで入るものが多いみたいですね。日本のメーカーもそのサイズを扱ってほしいのですが、基本国内のどのメーカーもアメリカサイズのものは取り扱っていませんでした。

dish

我が家は国内サイズでは大き目のものを買ったのですが、それでも食器だけで一杯になってしまいます。鍋とかはとても入りません。洗う時間も2~3時間かかるので、鍋やフライパンはやはり手洗いしています。

鍋も食洗で洗いたい!

(うなぎこ)

  • この記事を書いた人

うなぎこ

アラフォー食品表示診断士。外資系企業勤務
中級食品表示診断士、衛生検査技師取得
10年程食品分析会社→ 食品表示規格業務に3年以上従事
実家は建築関係の会社を経営
プライベートにて注文住宅3棟の実績
これまでに海外はアメリカ、ヨーロッパ、アジア、オセアニアなど夫婦合計約15ヶ国は経験しています。
時々夫のてんそば(15年以上開発職 PCや家電好き)も記事を書きます。
小学生と幼稚園の娘2人。

-食品